© 2023 by T Kahn. Proudly created with Wix.com

サルビア/Risa Takeda

通り雨が過ぎて 全て灰になる前に

旅に出るの 遠くまで

両手に余るほどの傷

救い出して 愛は穏やかに

瓦解する 砂上の軌跡

声を聴いた あなたのそばで

終焉の言葉だけは知っていたの

悟られぬように

そっと糸で縫いつけた唇に仄かに香る

鮮やかに 煙る緋の色

指を伝い 薄れゆく意識

声を聴いた 今も あなたのそばで

​凍りついているの

季節は過ぎ 冷えた歩道に

溺れてゆく 一人きりで

どうか歩き出せるように

​合わせ鏡の向こうに微笑む顔

決して触れられない

はやく鼓動を止めて

​崩れ去る 前に

救い出して 愛は穏やかに

瓦解する 砂上の軌跡

声を聴いた あなたのそばで

凍りついているの

故に ここに 愛はない

全て焼き尽くしてしまえ

​この手には 赤いサルビア

断頭台の灯/Risa Takeda

  

 

失った光と名誉と引換に

この街の矛盾と嘘を教えてあげる

欲しかったものは全て手に入れたから

死神の逆鱗に触れてしまった それだけ

干からびたパンと葡萄酒とわずかな祈り

枯れ果てた眼に映るものは何もない

後ろの正面だあれ

鉄格子の窓から呼び止める気配に

懐かしさをおぼえ

賽を待つ 当てのない空の青さには

届かないから

​足元に転がる 首

​賽を待つ 当てのない空の青さには

届かないから

振り返ることもなく

進め

今は叶わない 正しさも願いも

心に秘めて

いつか変えてみせる

見届けて 私の行く末を

頭上には 鉄の頂が

おぼえていて 私の生き様を

街の灯が 滲んで一つになる

悲鳴と 拍手喝采を浴びて

​魂を天に 託した

深海魚/Risa Takeda

突然に啼いた 風見鶏

時計の針は 意味を失くして 歪む

「景色が見たい」と

窓際に座った君は

魚になって泳ぐ 泡沫

 

夢は落ちる 姿を変え 今夜

新しく瞼を開ける

知らない他の誰かが言った

​この先には誰もいない」と

夢の続きは 明日の闇

迷い込む レプリカの水槽

いつか君に見せたい

最果ての朝 永遠に続く螺旋

夢は落ちる 姿を変え 今夜

新しく瞼を開ける

知らない他の誰かのように

虹色の空に いたずらに手を伸ばし

​跡形もなく 消える